SCROLL
リハビリテーションの指導・専門医・認定医による早期の集中的なリハビリテーションを提供 あなたの社会復帰を実現します。

重要な
お知らせ
IMPORTANT NEWS

診療実績・年報

主な診療実績

診療科ごとの医師構成

外科・消化器科 2名
神経内科 1名
リハビリテーション科 1名
整形外科 2名

専門医師

専門医・指導医 1名
認定臨床医 1名

所属セラピスト構成

PT 65名
OT 48名
ST 21名
心理士 1名
リハ助手 3名

その他スタッフ構成

医師 8名
看護師 62名
准看護師 21名
MSW 10名

2020年1月の実績

リハビリ実績

回復期リハビリテーション情報

Ⅰ.退棟患者数

対象期間:2019年10月〜12月

▼ この表は横にスワイプ(スライド)できます

回復期リハビリテーション病棟からの退棟患者数 180名
①のうち回復期リハビリテーションを要する状態の患者数 169名

▼ この表は横にスワイプ(スライド)できます

上記②の患者の内訳 患者数 割合
1 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血(シャント術後)、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発神経炎、多発硬化症、
腕神経叢損傷等の発症後 若しくは 手術後の状態 又は 義肢装着訓練を要する状態
105名 62.1%
2 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節 若しくは膝関節の骨折 又は 2肢以上の多発骨折の発症後 又は 手術後の状態 27名 16.0%
3 外科手術 又は 肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており手術後 又は 発症後の状態 18名 10.7%
4 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後の状態 0名 0.0%
5 股関節 又は 膝関節の置換術後の状態 19名 11.2%
1人当たりの提供単位数(1日あたり) 重症患者数割合
8.2単位 34.5%

Ⅱ.実績指数(前月までの6ヶ月間)各年度4月、7月、10月、1月に算出

▼ この表は横にスワイプ(スライド)できます

実績指数(⑤/⑥) 49.2点
実績指数の計算対象とした患者数 229点
④の患者の退棟時のFIM得点から入棟時のFIM得点を控除した総和 7276点
⑤の各患者の入棟から退棟までの日数を、
患者の入棟時の状態に応じた回復期リハビリテーション病棟入院料の算定日数上限で除した総和
147.81
実績指数計算

患者疾患別割合(2018年度)

患者さま疾患別割合
計 703人

患者居住地割合(2018年度)

居住地割合
計 671人

患者男女比(2018年度)

男女比
計 703人

年報

2018年度 年報

病院のご案内